法人化・法人成りサポートセンターは手数料0円、設立実績1600件

株式会社と合同会社の違い

株式会社と合同会社の違いは、主に以下の6つが挙げられます。

  • (1)設立費用
  • (2)信用性
  • (3)会社の所有者と経営者
  • (4)出資者への損益分配の柔軟性
  • (5)計算書類の公告
(1)設立費用
  • 株式会社 → 約20万3,000円
  • 合同会社 →   6万円
設立費用の内訳:
株式会社 合同会社
登録免許税 15万0,000円 6万0,000円
定款認証代 約5万3,000円 不要
合計 約20万3,000円 6万0,000円
(2)信用性

合同会社は認知度が低く、そのため取引業者や金融機関の信用度が低いのが現状です。

(3)会社の所有者と経営者

株式会社の所有者は、株主です。
経営者は取締役等の会社役員です。
重要な事柄は所有者である株主が決定し、それに沿って役員が業務を執行するという構図になります。

合同会社では、「所有者=経営者」となります。
株主総会等の煩雑な手続きを経ることなく、迅速な意思決定をすることが可能です。

ただし、株主数名で、株主が役員を兼ねるような株式会社では、この部分の相違点はありません。
合同会社の「所有者=経営者」とは、将来的にもこの形態が維持されるので、出資者が経営から離脱しようとお考えの場合は株式会社が適していると言えます。

(4)出資者への損益分配の柔軟性

会社に利益が出た場合、株式会社は株主の出資の割合によって、配当を行いますが、合同会社では各出資者ごとに出資額にかかわらず、配当の割合を決めておくことができます。

(5)計算書類の公告

株式会社は、計算書類の公告が義務付けられていますが、合同会社にはそのような義務はありませんので、公告に関する費用の削減につながります。

合同会社の利用場面

合同会社は、設立費用を抑えて設立した場合に適しています。

その他、会社名を表に出さず、屋号で営業を展開するような飲食店で、将来的に出資者や役員を増やす予定のないような場合は、合同会社でも構わないという判断になることが想定されます。
費用はかかりますが、将来的に合同会社から株式会社に移行することは可能です。

>> 詳しい料金表はこちら